包茎手術後の過ごし方

患部を清潔に保つことで感染症を防ぎましょう

包茎を治す為に包茎手術をするのですが、この包茎手術は簡単だとしてもメスを使用して切開をしています。
その為手術のリスクがありリスクを把握しておく事が必要としています。
そこで手術の副作用とそして副作用にならないようにする為の流れを紹介いたします。

まず手術後の副作用として恐ろしいのが感染症になってしまう事です。

感染症になってしまうと感染症に対しての治療を必要としてしまい正常になるまでに時間がかかり大変となります。
特に包茎手術をしている部分が不衛生になってしまう場所ですので感染症になりやすくなっています。

ではどのようにして感染症を防ぐようにするのが良いのかと言いますと、まずは常に清潔にします。
ただシャワーなどをして清潔に出来ないですので、タオルをお湯で絞るようにして性器を拭くようにします。

これを毎日するようにしてシャワーが入れるようになるまで清潔にしておきます。
そして包帯を使用しているのですが、少しでも汚れてしまっていると感染してしまうので汚れていたら取り替えるようにします。
このように清潔にしておくと感染症になりにくくなってくれます。

感染症そして炎症などを起こしてしまうと新たに治療するのが必要としてしまいます。
そうなると後々大変になってしまいますので医師からの指示を守るようにしてください。
そしてしばらくの間は性行為も出来ない状態になっています。
ですので性行為をしないで医師の指示を守るようにして感染症を防ぐようにする事が必要としています。